脂肪燃焼の仕組みとインシュリン

血糖値が低下すると、体脂肪が分解されてエネルギーとして使われます。ダイエットに運動が効果的と言われるのは、カロリーの消費量が増えるためです。また、褐色脂肪細胞の存在とインシュリンの働きを理解すると、さらに効率的なダイエットが可能になります。

脂肪を燃焼させる褐色脂肪細胞とは

褐色脂肪細胞は脂肪を分解する酵素を生み出し、脂肪がエネルギーになるのを助けます。また、体温を高める働きをするため代謝の活発化に欠かせない存在です。褐色脂肪細胞を増やすことはできないため、いかに活発化させるかが重要になります。

インシュリンの分泌を抑えればダイエットできる?

インシュリンは血中の糖分をエネルギーにかえるます。過剰にインシュリンが分泌されてしまうと、血中の糖ばかりがエネルギーになり、体脂肪が燃焼しにくくなるため痩せることができません。インシュリンのコントロールもダイエットに重要な要素です。

インシュリンは炭水化物や糖分を摂りすぎると分泌されやすくなります。甘い物が好きな人は血糖値が上がりやすいため、特に注意が必要です。また、長い間空腹の状態が続いた後で食事をすると血糖値が上がるため、インシュリンの分泌量が増えます。安易に食事を抜かず、しっかりと運動をして代謝を高めれば褐色脂肪細胞も働きやすくなります。脂肪の燃焼にはインシュリンのコントロールと、カロリーを消費しやすい体質を作ることが大切なのです。

ダイエットの基本と有酸素運動

ダイエットをするには「摂取カロリー < 消費カロリー」というのが基本中の基本です。摂取したカロリーより消費したカロリーが大きければ、痩せるというのは当たり前のことです。

よく誤解されやすいのですが、健康を保つ上でバランスの良い食事は大切ですが、バランスの良い食事をしたところでダイエットにはあまり影響はありません。栄養をたっぷりとっても、脂肪を燃焼させる効果はないからです。

ダイエットでは「たんぱく質を摂る」といいというのを聞いたことがあるかもしれません。これは本当です。消費カロリーを少し大きくすることができたり、筋肉を保つ働きがあるのでたんぱく質は摂りましょう。ただし、普段の食事にたんぱく質をプラスするとカロリーオーバーになるので、低カロリーでたんぱく質の多い食事を心がけましょう。

あとは有酸素運動は脂肪を燃焼する効果があります。短距離走のような無酸素運動ではなく、ジョギングやウォーキング、またエアロバイクのようなしっかりと呼吸をしながら、時間をかけて運動できるものが脂肪燃焼には効果的です。有酸素運動は20分以上行うようにしましょう。

ちなみにダイエットを考えている方の中には運動が嫌いな方も多いです。確かに運動するのは時間もかかりますし、走ったりするのはツライ場合もあります。そのためダイエットをするなら無理に運動をするのではなく、摂取カロリーを抑えるというのがオススメです。

有酸素運動というのは先ほど挙げたジョギングやウォーキング、エアロバイクなどだけでなく、日常生活の立つ、歩く、座るなども入ります。そのため摂取カロリーさえ抑えることができれば、少しずつでも脂肪を燃焼させることができます。

当サイトのイチオシ商品は?

飲むだけで痩せたいならシボヘール!

シボヘールは葛(くず)の花イソフラボンの効果により飲むだけで脂肪を減らすことができます。

シボヘールの脂肪を減らす効果は臨床試験により実証されており、科学的根拠があります。そのためシボヘールは機能性表示食品に分類されているため、ダイエット効果があり、安全性の高いものと言えます。

今なら980円でお試しもできるため、効果があるかないかは実際に飲んでみることをオススメします。