更年期は太りやすい?女性を困らせる更年期脂肪とは

更年期脂肪とは

女性はほとんどの方が45〜55歳の間に閉経を迎えます。この時期を更年期といいます。更年期には女性は脂肪が付きやすく、太りやすい時期であるといえます。更年期につく脂肪は、お腹周りや背中など、女性が気になる場所につくようになります。体型崩れの原因にもなるので何とかしたいと悩む女性も多いです。

エストロゲンは美と健康の万能ホルモン

更年期に差し掛かると今までと同じような生活をしていても太りやすくなった、脂肪が付きやすくなったと感じる人が増えてきます。なぜ若いころは食べても太らなかったのでしょうか。それは女性ホルモンの1つであるエストロゲンの働きによるものです。

エストロゲンは、女性が妊娠・出産をするうえで重要な役割を担うホルモンです。月経期はエストロゲンが分泌されることによって、受精卵が着床するための子宮内膜を厚くします。妊娠中は妊娠を維持し、母乳を作るために大量に分泌されるようになります。生命をつないでいくのに大切なこのエストロゲンには、身体を女性らしく健康に保つ働きがありますが、さらに、脂質を身体に取り込むのを阻害する働きがあります。

しかし、閉経を迎えてエストロゲンの分泌が低下するとその働きが失われるため太りやすい体質になります。

厚労省「更年期障害」(外部サイト)

食事量は変化なくても増加する体重と脂肪

エストロゲンが分泌されるとなぜ脂肪がつきにくいのか。それはエストロゲンがリポタンパクリパーゼ(以下、LPL)という酵素の働きを阻害するからです。LPLは、血液中の中性脂肪を遊離脂肪酸とグリセロールという物質に分解します。遊離脂肪酸は代謝を経て細胞内に取り込まれ、身体の中性脂肪へと変化します。この変化の過程が阻害されることによって身体に脂肪が蓄積されるのを防いでくれます。

更年期になるとエストロゲンの分泌が減少し、LPLの働きが活性化されて身体にどんどん蓄積されていってしまいます。これが更年期脂肪といわれるものです。

一度つくとなかなか落ちない頑固な脂肪

更年期脂肪が付き始めて気になりだすとダイエットを開始しようと食事制限などを始めるでしょう。しかし、食べる量を減らしてもなかなか痩せない。それは、年齢とともに基礎代謝量が落ちているからなのです。基礎代謝は、何も活動していなくても生命を維持していることで消費するエネルギーのことです。

これは年齢によるものもありますが、筋肉量とも大きく関係しています。筋肉はエネルギーを消費して熱を生み出す働きがあります。そのため同じ体重でも筋肉がたくさんある人はエネルギー消費量も多く、痩せやすいのです。また、運動しているのにやせないという人は、運動の方法が間違っているのです。更年期脂肪として身体につくのは主に皮下脂肪です。

内臓脂肪はウォーキングなどの有酸素運動で燃焼されますが、皮下脂肪は有酸素運動ではなかなか燃焼されません。そのため上で述べたように軽い筋力トレーニングから初めてまずは筋肉量を増やすことが先決です。そうすることでエネルギー消費量が増え、ゆっくりと皮下脂肪が減っていきます。かなり努力が必要ですが、頑固な更年期の脂肪と戦いましょう。

大塚製薬「メタボリックシンドローム本体は内臓脂肪の過剰蓄積」(外部サイト)

当サイトのイチオシ商品は?

飲むだけで痩せたいならシボヘール!

シボヘールは葛(くず)の花イソフラボンの効果により飲むだけで脂肪を減らすことができます。

シボヘールの脂肪を減らす効果は臨床試験により実証されており、科学的根拠があります。そのためシボヘールは機能性表示食品に分類されているため、ダイエット効果があり、安全性の高いものと言えます。

今なら980円でお試しもできるため、効果があるかないかは実際に飲んでみることをオススメします。