年齢とともに痩せにくくなる理由を解説

年齢とともに痩せにくくなるのはいくつか理由があります。一つが基礎代謝の低下です。人間は成長するために多くエネルギーを消費しますが、年齢を重ねると成長する必要がなくなり代謝も弱まっていきます。年齢を重ねるほど省エネ体質になるため、運動などで補う必要があります。

基礎代謝と成長ホルモンの関係

基礎代謝には成長ホルモンの分泌が影響を与えています。成長ホルモンの分泌が少なくなると、新陳代謝の速度が遅くなり、筋肉なども付きにくくなります。筋肉が多いほどカロリーを消費しやすくなるため、筋肉が減ってしまうと元に戻しづらくなる点に注意が必要です。

褐色細胞の減少も理由の一つです。脂肪の燃焼を促す褐色細胞は、大人になると増えることがなくなり、年齢とともに減少してしまいます。褐色細胞が減少すれば脂肪の活発な消費も難しくなります。残った褐色細胞をいかに活発化させるかが大切です。

痩せるために必要なこと

痩せるために必要なのは、エネルギーの消費と脂肪の分解です。代謝を高めるためには運動を継続して基礎代謝を高める必要があります。また、食事に気を配り新たに脂肪がつかないように工夫する必要があります。炭水化物や油物を食べ過ぎないようにするだけでなく、脂肪の分解を助ける栄養素などを積極的にとりこむのもおすすめです。

インシュリンの分泌で脂肪が蓄積?

脂肪の蓄積と深い関わりがある「インシュリン(インスリン)」はホルモンの一種です。膵臓から分泌されるホルモンの一種であるインシュリンは、血液中のブドウ糖をエネルギーに変えます。インシュリンには血糖値を下げる働きがあります。血糖値を下げる働きがあるホルモンはインシュリンだけです。そのためインシュリンは糖尿病の治療などでも使用されています。

インシュリンが過剰に分泌されると、運動しても体脂肪が燃焼せずに、血液中の糖をエネルギーにしてしまいます。そのため、インシュリンが分泌されると痩せにくくなります。

インシュリンは空腹状態が長時間続くと分泌されやすくなります。そのため1日3食食べたり、適度な間食をすることは血糖値の上昇を抑え、インシュリンの分泌を抑える上で重要です。また食事をする時に、ゆっくりよく噛んで食べることや食物繊維の豊富なサラダから食べることでも血糖値の上昇を抑えることができます。

厚労省「インシュリンとは」(外部サイト)

当サイトのイチオシ商品は?

飲むだけで痩せたいならシボヘール!

シボヘールは葛(くず)の花イソフラボンの効果により飲むだけで脂肪を減らすことができます。

シボヘールの脂肪を減らす効果は臨床試験により実証されており、科学的根拠があります。そのためシボヘールは機能性表示食品に分類されているため、ダイエット効果があり、安全性の高いものと言えます。

今なら980円でお試しもできるため、効果があるかないかは実際に飲んでみることをオススメします。