内臓脂肪の効果的な落とし方

内臓脂肪は皮下脂肪に比べて増えやすく、落としやすい脂肪です。ここでは内臓脂肪が増える原因と、効果的に落とす方法を解説していきます。

内臓脂肪が増える原因

内臓脂肪が増える主な原因は食事で、食事の量や内容をコントロールすることで効果的に落とすことができます。運動を加えれば、さらに効果が上がるため、積極的に運動も取り入れるようにしましょう。

主に炭水化物と油の摂り過ぎで内臓脂肪は増えます。まずは食事の量を見直し、間食を控えることが基本です。ただし空腹である時間が長いと血糖値が上がりやすくなるため、脂肪がつきやすくなります。血糖値が急激に上がるとインシュリンが過剰に分泌され、脂肪を蓄積しやすくなってしまうためです。血糖値の上昇を抑えるために規則正しい食事をすることも大切なポイントです。

インシュリンと脂肪の関係

食事などで急激に血糖値が上がるとインシュリンが分泌され、脂肪ではなく糖分から優先してエネルギーに替わっていきます。内臓脂肪を減らしたい場合は、インシュリンを抑制するサポニンやイソフラボンなどを含んだ食品を食べることや、食事の際に肉やご飯ではなく野菜から口にするのがおすすめです。また食事の際にも食物繊維の豊富な野菜から食べることで血糖値の急激な上昇を抑えることができます。

運動をすれば代謝が高まり、カロリーが消費されるため内臓脂肪が消費されやすくなります。特に有酸素運動が有効で、基礎的な代謝を高め太りにくい身体を作るのにも役立ちます。

インシュリンはダイエットの敵?

血液中にある糖の濃度を示す数値を「血糖値」と言います。膵臓から分泌されるインシュリンは血液中の糖をエネルギーに変え、血糖値を下げる働きがあります。

ただし脂肪を燃焼させたい時には、インシュリンは邪魔になります。インシュリンが分泌されることで血中の糖が優先されエネルギーになるため、脂肪が燃焼しにくくなるためです。

インシュリンは血糖値が上がると分泌されるため、脂肪燃焼を考えるなら血糖値の急激な上昇を抑えることが重要です。食事制限で消費カロリーを抑えたり、運動で消費カロリーを増やすだけでなく、血糖値を急激に上昇させないというのもダイエットで大切なことです。

厚労省「血糖値」(外部サイト)

当サイトのイチオシ商品は?

飲むだけで痩せたいならシボヘール!

シボヘールは葛(くず)の花イソフラボンの効果により飲むだけで脂肪を減らすことができます。

シボヘールの脂肪を減らす効果は臨床試験により実証されており、科学的根拠があります。そのためシボヘールは機能性表示食品に分類されているため、ダイエット効果があり、安全性の高いものと言えます。

今なら980円でお試しもできるため、効果があるかないかは実際に飲んでみることをオススメします。