内臓脂肪と皮下脂肪のちがいとは

内臓脂肪と皮下脂肪のちがいは、脂肪が蓄積される場所とメカニズムにあります。今回はそんな内臓脂肪と皮下脂肪について詳しく解説していきます。

内臓脂肪と皮下脂肪のちがいと特徴

内臓脂肪は食事などでつきやすく、内臓の内部や周辺に蓄積されます。皮下脂肪は内臓脂肪で蓄積しきれなくなった脂肪が皮膚の下についたもので、内臓脂肪に比べ落としづらいのが特徴です。

内臓脂肪は身体の内側に脂肪が蓄積されるため、お腹周りだけが出てしまいがちです。いわゆるリンゴ体系やビール腹の人が該当し、食べ過ぎや飲み過ぎが原因となります。食事制限などの適切な栄養のコントロールで改善されることも多く、比較的落としやすい脂肪の一つです。

皮下脂肪は内臓脂肪で蓄積しきれなかった脂肪が、皮膚の下に蓄積していくことで生まれます。皮下脂肪が増えると皮膚が伸びるため、指で簡単につまめるようになるのが特徴です。また、脂肪を燃焼する際は内臓脂肪から消費されていくため、皮下脂肪を減らすのには時間がかかる点に注意が必要です。

皮下脂肪を落とすためには運動や食事の改善などを根気よく続ける必要があります。バランスよく食事をしないと脂肪を減らすよりも先に体調を崩す原因となります。ダイエットを始めても効果を感じるまで時間が掛かるため、サプリメントで必要な栄養を補うなど工夫も大切になります。

内臓脂肪と皮下脂肪による隠れ肥満

最近では体重は増えていないのに体脂肪率が高い「隠れ肥満」が急増しています。身体は全体的に痩せているのにお腹が出ているという場合は、隠れ肥満かもしれません。隠れ肥満は「皮下脂肪型肥満」と「内臓脂肪型肥満」の2つのタイプに分かれます。

皮下脂肪型の隠れ肥満の場合は、上半身は痩せているのに下半身は太っている「洋ナシ体型」となります。一方で内臓脂肪型隠れ肥満の場合は、全体的には痩せているのにお腹だけが出ている「りんご体型」です。女性には洋ナシ体型、男性はりんご体型が多いと言われています。

ここで注意しなければいけないのは、洋ナシ体型の内臓脂肪が多くついている場合です。実は、皮下脂肪というのは直接的に健康に悪影響を及ぼすことはありません。しかし、内臓脂肪が多くなると動脈硬化などの生活習慣病や乳がんなどの大きな病気の原因になります。

しかし、前半でも触れたように内臓脂肪は皮下脂肪に比べ落としやすい脂肪だと言われています。そのため摂取カロリーを抑え、有酸素運動をすることで比較的簡単に内臓脂肪を減らすことができます。有酸素運動は1日20分以上は続けるようにしましょう。

厚労省「内臓脂肪型肥満とは」(外部サイト)

当サイトのイチオシ商品は?

飲むだけで痩せたいならシボヘール!

シボヘールは葛(くず)の花イソフラボンの効果により飲むだけで脂肪を減らすことができます。

シボヘールの脂肪を減らす効果は臨床試験により実証されており、科学的根拠があります。そのためシボヘールは機能性表示食品に分類されているため、ダイエット効果があり、安全性の高いものと言えます。

今なら980円でお試しもできるため、効果があるかないかは実際に飲んでみることをオススメします。