体脂肪が蓄積する仕組みと脂肪細胞の働き

身体には必要以上に糖分や脂分をとると脂肪となって蓄積されます。脂肪の蓄積には、脂肪細胞と呼ばれる細胞が大きく関わっています。今回は、脂肪細胞について詳しく解説していきます。

ダイエットの基本は消費カロリーを大きくする

人間は生きているだけでカロリーを消費します。立つ、歩く、座るなどの基本動作だけでもカロリーを消費しています。しかし、消費カロリーよりも多いカロリーを食事などで摂取すると脂肪になってしまいます。大切なことは消費カロリーと摂取カロリーのバランスです。脂肪を減らしたいなら、摂取カロリーより消費カロリーを大きくすることが重要です。

脂肪が蓄積する仕組み

脂肪の蓄積に重要な役割を果たすのが「脂肪細胞」です。脂肪細胞は脂肪を蓄える白色細胞と、脂肪を燃焼させる褐色細胞に分けられます。白色細胞が増えると身体の中に脂肪が蓄積されやすくなります。白色細胞には余分なカロリーを中性脂肪として体内に蓄積する働きがあるからです。特に子どもの頃に白色細胞が増えてしまうと減らすのが難しく、体重が減りにくい体質になってしまいます。

燃焼しきれずに余ったエネルギーは肝臓で中性脂肪へと合成されます。中性脂肪は皮下脂肪などとして蓄積されます。カロリーを摂りすぎると中性脂肪が生産されやすくなるだけでなく、肝機能が弱って内臓に脂肪が蓄積されやすくなることがあります。

ストレスや飲酒などで肝臓に負担がかかると、中性脂肪が増えやすくなります。食事に気を使うだけでなく、しっかり休んで肝臓をいたわることも大切です。無理な食事制限は肝臓をはじめとした全身に負担をかけるため、ダイエットの効果が得られない原因となることがあります。

金沢市医師会「脂肪細胞について」(外部サイト)

脂肪を燃焼させる褐色細胞

白色細胞は脂肪を蓄積する細胞ですが、褐色細胞は体脂肪を燃焼する働きがあります。つまり白色細胞と褐色細胞は正反対の働きをする細胞と言えます。食べても太らないという人は褐色細胞の働きが活発なため、体脂肪が燃焼しやすいと言われています。

褐色細胞を活発にするには水泳などのスポーツが効果的だと言われています。消費カロリーが膨大な水泳はダイエットに最適と言われているのは褐色細胞の活性化という理由もあったということです。

脂肪細胞の中で褐色細胞はわずか1%で、あとは脂肪を蓄積する白色細胞と言われています。また褐色細胞は加齢とともに減少していきます。そのため子どもの頃は痩せやすかったけど、大人になってから痩せにくくなるというのは脂肪細胞が大きく関係しています。

厚労省「脂肪細胞とは」(外部サイト)

当サイトのイチオシ商品は?

飲むだけで痩せたいならシボヘール!

シボヘールは葛(くず)の花イソフラボンの効果により飲むだけで脂肪を減らすことができます。

シボヘールの脂肪を減らす効果は臨床試験により実証されており、科学的根拠があります。そのためシボヘールは機能性表示食品に分類されているため、ダイエット効果があり、安全性の高いものと言えます。

今なら980円でお試しもできるため、効果があるかないかは実際に飲んでみることをオススメします。