中性脂肪と中性脂肪値を下げる方法

中性脂肪とは炭水化物や脂を原料に肝臓で作られる脂質の一種です。30歳を超えると健康診断などで中性脂肪値が高いと言われる人も多いです。中性脂肪は生活習慣病とも深く関わっているため、中性脂肪値が高い場合は注意が必要です。今回は、そんな中性脂肪について解説していきます。

中性脂肪とは

中性脂肪値は血液中の中性脂肪の量を示したものです。中性脂肪を減らすには食事を見直すことが大切で、炭水化物や糖分、脂分の摂りすぎを避けるのが基本になります。ジャンクフードやお菓子は控えるのが大切です。アルコールの過剰摂取も肝臓に負担をかけて中性脂肪値を増やす原因になります。

中性脂肪は身体のエネルギー源として使われています。あまり不足し過ぎるとエネルギー不足になり、体調を崩してしまう可能性があります。一方で中性脂肪が増えすぎると心臓疾患や脳梗塞のリスクが高まるため、適切にコントロールする必要があります。

厚労省「中性脂肪 / トリグリセリド」(外部サイト)

中性脂肪値を下げる方法

魚の脂に含まれるEPAやDHAの摂取で、中性脂肪値を下げることができます。またアミノ酸やサポニン、イソフラボンなど、中性脂肪の燃焼を助ける栄養素や、脂肪の取り込みを抑える成分も発見されています。DHAやEPAなどを摂取するために魚を毎日食べるのは大変なため、サプリメントなどを活用するのがオススメです。

中性脂肪値が高い状態では病気のリスクが高まるため、より早く数値を下げるために運動療法がとり入れられることがあります。身体の中のエネルギーを使えばそれだけ中性脂肪が消費されるためです。糖分を摂りすぎると糖分からエネルギーに替わってしまうため、血糖値とバランスをとることも大切なポイントです。

DHAとEPAについて

DHAもEPAもオメガ3系列の不飽和脂肪酸で、オメガ3系脂肪酸などとも呼ばれます。DHAはマグロなどの青魚の頭部に多く含まれており、EPAはサバやサンマなどに多く含まれます。DHA(Docosahexaenoic Acid)は正式名称をドコサヘキサエン酸。EPA(EicosaPentaenoic Acid)はエイコサペンタエン酸です。

これらは必須脂肪酸で身体の中で作ることができないため食事などで摂取する必要があります。DHA・EPAを摂取することで中性脂肪値やコレステロールを減少させる働きがあります。DHAとEPAは同じ不飽和脂肪酸で多価不飽和脂肪酸のn-3脂肪酸という仲間です。そのため非常に近い存在だと言えますが、効果や働きは別ものです。

コレステロールの減少にはDHA。中性脂肪の減少にはEPAがより効果を発揮します。ただしDHAとEPAは同時摂取する方が相乗効果が得られるため、どちらも摂取するようにしましょう。サプリメントであれば、DHAとEPAの両方が配合されているものがほとんどです。

消費者庁 「食品の機能性評価モデル事業」の結果報告」(外部サイト)

当サイトのイチオシ商品は?

飲むだけで痩せたいならシボヘール!

シボヘールは葛(くず)の花イソフラボンの効果により飲むだけで脂肪を減らすことができます。

シボヘールの脂肪を減らす効果は臨床試験により実証されており、科学的根拠があります。そのためシボヘールは機能性表示食品に分類されているため、ダイエット効果があり、安全性の高いものと言えます。

今なら980円でお試しもできるため、効果があるかないかは実際に飲んでみることをオススメします。